Facebook Twitter

SiteAnalyzer 文書

詳しい説明プログラムのSiteAnalyzer

プログラムの目的

のプログラムSiteAnalyzerであり、分析に当ウェブサイトの特定の技術的誤差の検索のためのリンク切れの複製ページでは、誤ったサーバの応答やり、誤記や脱字の点にSEO(空白のメタタグは、超過または全くないのページの見出しのh1、分析のページの内容は、品質のリンク、その他多くのSEOパラメータ)です。

SiteAnalyzer, プログラムの目的

主な特徴

  • スキャンすべてのページなどの画像スクリプトおよび文書
  • ってサーバの応答コード毎に該当するウェブサイトからの(200, 301, 302, 404, 500, 503 等)
  • 決定の存在とコンテンツのタイトル、キーワード、説明、H1-H6
  • 検索-表示の"複製"のページに、メタタグとヘッダー
  • 決定に存在rel="標準"の各ページのサイト
  • ファイル "robots.txt"、メタタグ "robots"、またはX-Robots-Tagの指示に従います。
  • サイトのページをクロールするときの "noindex"と "nofollow"の計算
  • 参照分析:サイトの任意のページに対する内部リンクと外部リンクの定義
  • サイトの各ページの内部PageRankの計算
  • ページからのリダイレクト数の決定(リダイレクト)
  • サイトマップ "sitemap.xml"の生成(いくつかのファイルに分割される可能性があります)
  • 任意のパラメータによるデータのフィルタリング(任意の複雑さのフィルタの柔軟な設定)
  • 輸出の報告CSV、Excel(フルレポートExcel形式)

とは異なり類似

  • 低要件へのコンピュータ資源、低消費量のRAM
  • データ保存用データベース設計のための性能と信頼性
  • スキャンのサイトは、どんなサイズの減少による要件へのコンピュータ資源
  • 携帯フォーマット(作業なしで設置のパソコンから直接リムーバブルメディア)

の書類

作品の冒頭に

起動する場合は、プログラムのユーザーのアドレスバーへのURLを入力し、その分析のためのサイト(入力できペットの検索ロボットのリンクの最初のページのサイトのホームページでは、すべてのリンクはHTML、Javascript)です。

を押した後の"Start"ボタンを押すと、検索エンジンを開始するクロールのすべてのページ内リンク(外部リソースになるのではない、または請求されませんを使ってことになります。

一度ロボットをバイパスすべてのページをご利用になるとの報告がなされる形のテーブルの表示、受信したデータグループ統一テーマ別のタブです。

すべての分析プロジェクト左に示すようなプログラムの一部を自動的に保存されるデータベースと一緒に受信したデータです。 削除するサイトのコンテキストメニューのプロジェクトリストです。

注意:

  • をクリックすると、次のように、ボタンが"一時停止"のスキャニングプロジェクトの停止並行して現在の進捗をスキャン、データベースに登録しておきの例であり、プログラムを継続スキャニングプロジェクト後のプログラムを再起動します。
  • "停止"ボタンに割り込みを行うスキャンのプロジェクトの可能性の継続スキャン

のプログラムの設定

メインメニュー"設定"ファインチューニングプログラムの外部サイトを含む7つのタブ:

SiteAnalyzer, のプログラムの設定

基本設定

の主な設定を指定するために使用するユーザのディレクティブが使用するスキャンするときにwebサイトです。

パラメータの説明:

  • スレッドの数
    • によりスレッドの数、URLできる処理単位時間当たります。 このスレッドが、より多くの資源の使用をコントロールします。 設定することをお勧めしますスレッドの数の範囲が5-10ます。
  • スキャン時間
    • 設定に使用する限定の走査サイトの時です。 で測定する時間です。
  • 最大深さ
    • このパラメータを指定するために使用するの深さスキャンのサイトです。 ホームページのウェブサイトでは、ネスレベル=0になります。 例えば、必要なものをスキャンし、ページ種別"somedomain.ru/catalog.html"somedomain.ru/catalog/tovar.html"この場合、して設定しなければなりませんの最大深度=2のとします。
  • 間の遅延を要求
    • 設定すると一時停止のスキャナーのページです。 この有サイト"弱い"ホストにない耐荷重が頻繁に訴える。
  • タイムアウトの依頼
    • 設定タイムアウトの対応がウェブサイトから要求プログラムです。 このページに対応でゆっくり(貨物)の走査サイトが非常に長い時間です。 これらのページでカットすることが可能です値を設定した後、スキャナをスキャンのその他のページのサイトは、このような遅延、全体の進捗します。
  • のバーコードリーダモードのページ
    • 制限の最大ページ数をスキャンします。 でなければならないときに便利で、例えば、スキャンNサイトのページでは画像、スタイルシート、スクリプト、その他の種類のファイル)です。

スキャン

SiteAnalyzer, スキャン

を考慮して、コンテンツ

  • ここをクリックして選択するデータの種類に行われる予定であるパーサを横断ページ(画像、動画、イタリアで作られ、スクリプト)、無駄な情報が構文解析します。

スルール

  • これらの設定に関する設定の場合には、例外クロールのり付けることにより、簡単にファイルのスキャナー"robots.txt"リンク型の"つやものを使用する指令"のmeta name=ロボット"直接コードページです。

SEO

SiteAnalyzer, SEO

ここで指定します基本的な分析SEO要因は、今後ますの正しさのチェックを行う構文解析時にページが、その後、結果の統計に表示されるので、タブの"SEO統計"の右側のウィンドウに表示します。

Yandex XML

これらの設定の助けを借りて、検索エンジンYandexのページの索引付けをチェックするサービスを選択することができます。インデックス作成のチェックには、Yandex XMLサービスまたはMajento.ruサービスを使用する2つのオプションがあります。

SiteAnalyzer, Yandex XML

Yandex XMLサービスを選択する際には、ページのインデックスを確認したり、Yandexアカウントの既存の制限に関する適用可能な制限(1時間ごとまたは毎日)を考慮する必要があります。その結果、アカウントの制限ですべてを確認できない場合がありますページを一度に表示することができます。このためには、次の1時間を待たなければなりません。

Majento.ruサービスを使用する場合、時間制限や日々の制限は事実上存在しません。これは、制限が文字通り制限の一般的なプールにマージされるためです。Yandex XMLの個々のユーザーアカウントの制限よりも、。

SiteAnalyzer, Yandexのインデックスページを確認する

ユーザーエージェント

のユーザーエージェントを指定できるかユーザーエージェントが提出されたプログラムの場合、アクセス外部サイト中のスキャンします。 デフォルトで設定したカスタムユーザーエージェントが必要な場合はお選び頂くことが可能ですの標準薬剤で最も頻繁に遭遇するインターネットです。 その中などボットの検索エンジンYandexBotは、GoogleBotは、MicrosoftEdgeは、ボットブラウザChrome、Firefox、IE8では、モバイル機器やiPhone、Android、およびその他多数です。

プロキシサーバー

る必要がある場合には仕事を通じてプロキシでは、このページに追加することができますリストのプロキシサーバーを通してのプログラムにアクセス外部リソースです。 また、可能性があるチェックプロキシファイアーパフォーマンスの経験や除去は不活性プロキシサーバーです。

SiteAnalyzer, プロキシサーバー

例外

このことを目的として除外するバイパスでは、一部のページで、次の各号に掲げる区分のサイトが構文解析します。

正規表現を使用して指定できるのウェブサイトをスキャナーにおいて、必要情報をご連絡させていただデータベースです。 このリストは地域のリスト例外時の走査サイトの(相対的に"グローバルな"リストファイル"robots.txt"の根底には、ウェブサイト)です。

PageRank

PageRankパラメータを使用すると、あなたのサイトのナビゲーション構造を分析したり、最も重要なページに参​​照の重みを伝達するためにWebリソースの内部リンクのシステムを最適化することができます。

SiteAnalyzer, PageRank settings

プログラムはPageRankを計算するための2つのオプションを持っています:古典的なアルゴリズムとそのより現代的な対応物です。一般に、サイトの内部リンクの分析には、最初のアルゴリズムと2番目のアルゴリズムを使用しても大きな違いはありません。したがって、2つのアルゴリズムのどちらでも使用できます。

アルゴリズムとPageRankの計算原理の詳細な説明は、記事「内部PageRankの計算」にあります。 >>

仕事のプログラム

後にスキャンが完了する情報に含まれるブロック"マスターデータ"です。 それぞれのタブに含まれるデータをグループ分けについて自分の名前(たとえば、タブタイトルが含まれますの内容のページのヘッダ<title></title>のタブ""画像の一覧が表示されている全ての画像からのサイトです。 このデータ解析を行う事ができ、本ウェブサイトのコンテンツ、"壊れた"リンクまたは不完全なメタタグです。

SiteAnalyzer, プログラムの目的

SiteAnalyzer, 仕事のプログラム

必要な場合(例えば、後の変更は、サイトのコンテキストメニューの可能性がありますので、新しいスキャンの個別のURLに変更は反映され、プログラムです。

このメニューを表示することができます重複したページに関連するパラメータ(doubleをタイトル、概要、キーワードに、h1、h2、コンテンツページ)です。

SiteAnalyzer, 仕事のプログラム

フィルタリングデータ

簡単に分析のサイトの統計、プログラムがデータをフィルターです。 フィルタリングが可能な二つの異:

  • 他分野のクイックフィルター
  • カスタムフィルターを使用して詳細設定のサンプルデータ)

迅速にフィルター

パッケージのデータをフィルタリングが同時にすべての分野において、現在のタブがあります。

SiteAnalyzer, 迅速にフィルター

カスタムフィルター

設計のための豊富なフィルタリングを含むことはでき複数の条件です。 たとえば、データベースのようなデータの"title"したいタグをフィルターのページによる長さでを超えないもので70文字も含まれるテキスト"ニュース"です。 このフィルターのようになります:

SiteAnalyzer, カスタムフィルター

例のサンプルのフィルター:

SiteAnalyzer, カスタムフィルター

このように、カスタムフィルターを他のタブを得ることができサンプリングデータの複雑さです。

技術サイトの統計

サイトの[技術統計]タブは[追加データ]パネルにあり、リンクに関する統計、メタタグ、ページレスポンスコード、ページインデックスパラメータ、コンテンツタイプなど、基本的なサイトの技術パラメータのセットが含まれています。パラメータ

パラメータの1つをクリックすると、それらはサイトマスタデータの対応するタブで自動的にフィルタ処理され、同時に統計がページ下部の図に表示されます。

SiteAnalyzer, 技術サイトの統計

SEOの統計

SEO統計タブは、本格的なサイト監査を実施するためのもので、50以上の主なSEOパラメータを含み、60を超える主要な内部最適化エラーを特定します。エラーマッピングはグループに分類され、グループには分析されたパラメータとサイト上のエラーを検出するフィルタのセットが含まれています。

チェックされたすべてのパラメータの詳細な説明はこの記事にあります。 >>

SiteAnalyzer, SEOの統計

すべてのフィルタリング結果について、追加のダイアログなしでそれらを素早くExcelにエクスポートすることが可能です(レポートはプログラムフォルダに保存されます)。

の構造のサイト

この機能はオブジェクトのスタイルの構造に基づくデータが得られます。 当サイトの構造から生成されるネストしたURLに対するものとなります。 生成後に、その輸出をCSV形式(Excel)です。

SiteAnalyzer, の構造のサイト

のコンテキストメニューのプロジェクト一覧

  • のプロジェクトのリストは利用量スキャンを選択し、ご希望のサイトをクリックし"を再スキャン"です。 その後、すべてのサイトは、スキャンを交互に標準モードになります。
  • また、の便宜のためのプログラムは、大量-削除を選択したサイトにもご利用いただけますので"削除"ボタンを押します。
  • のほか、シングルスキャンのサイトは、それよりもバルクサイトの追加のプロジェクトのリストは、専用のフォーマットでは、ユーザスキャンの興味深いプロジェクト全体ます。

SiteAnalyzer

世代Sitemap.xml

当サイトマップ生成に基づくスキャンのページです。 彼女の追加ページのフォーマット"text/html"です。

を生成する地図サイトの直後の走査サイトのメインメニュー項目"プロジェクトにつき)->の生成サイトマップ"です。

SiteAnalyzer, 世代Sitemap.xml

サイトとの大量50,000ページに自動分割"sitemap.xml"複数のファイル(この場合、ファイルへのリンクが含まれて追加の含有が直接ページへのリンクサイト)です。 これにより、安定した要件の検索エンジンの処理にSitemapsの大きな寸法です。

SiteAnalyzer, 世代Sitemap.xml

必要な場合は、金額のページのファイル"sitemap.xml"可変にすることでより価値の50 000(デフォルトの値は本プログラムを設定します。

Dashboard

ダッシュボードをタブ表示の詳細な報告書は、現在の品質のウェブサイトの最適化します。 報告書の生成に基づくデータをタブの"SEO統計"です。 ほか、これらのデータの報告書を含むの合計品質インデックスのウェブサイトの最適化し、算出した100点の対比では、現在の最適化します。 エクスポート処理が可能でのデータをタブの"ダッシュボード"が便利なPDFを報告します。

SiteAnalyzer, Dashboard

輸出データ

より柔軟な解析のデータをダウンロードCSV形式(輸出される現在のアクティブなタブ)を完全に報告されたMicrosoft Excelの全てのタブを一つのファイルです。

SiteAnalyzer, 輸出データ

輸出時における優れたプロフェッショナルがウィンドウは、ユーザが選択でき、ご希望のカラムを生成する報告書をもとに、ご希望のデータです。

SiteAnalyzer, 輸出データ

多言語

のプログラムのオプションを選択する優先言語る。

主な対応言語:ロシア語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、フランス---のようで、ソフトウェア翻訳されている以上15人気の言語です。

SiteAnalyzer, 多言語

したい場合は翻訳のプログラムへの母国語で翻訳ファイルには"*.lng"の言語に翻訳ファイルに送る必要があります。アドレス"support@site-analyzer.pro"のコメント文字のいずれかで記述しなければなロシア語または英語と翻訳が含まれの新しいリリースのプログラムです。

具体的な使用方法については、翻訳文の言語での配布ファイル("lcids.txt"という。

P.S.本サイトに関するご意見、質の翻訳-送信コメントを修正する"support@site-analyzer.ru"です。

追加機能

メインメニュー項目に"収縮のデータベースがありますので、操作の商品については、パッケージをデータベース(クリーニングデータベースから削除プロジェクトをデータと同様のdefragmentationのデータをパソコンなし)ます。

この手続きは有効な場合には、例えば、プログラムから削除された大規模なプロジェクトを含む多数の記録です。 ついては、一般的に推奨を定期的に圧縮データのう冗長データのサイズを縮小し、データベースです。

の回答、その他のご質問をFAQ >>

お客様の